就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

【就活】TOEIC900点をとる勉強法!接続詞で得点アップ!!

ペアとなる接続詞を覚えよう!

 

 

f:id:urufu0611:20171215125611p:plain

 

 
TOEICの1月の試験まであと1ヶ月ほどになりました。

最後の詰めとして、TOEICで役立つテクニックをシェアしたいと思います。

 

これは主にパート5で役立ちます!

 

 

接続詞のペアは固定されているものがあり、文章を読まなくても、その接続詞さえ見つけてしまえば答えが分かります!

 

 

これは基本的な事なので、知っている方も多いと思いますが、もし知らなければ 

 

絶対に覚えてください!

 

 

また既に知っている人も確認として、読んでみてください!

 

 

 

 

代表的なペアになる接続詞

 

Both A and B(AもBのどちらも)

 

 

この表現はどちらも文章に対して、肯定的な意味のときに用いられます。

 

例文

              I like both tea and coffee.

 

              「私は紅茶もコーヒーもどちらも好き。」という意味になります。

 

 

 

Neither A nor B (AもBもどちらでもない)

 

 

こちらは先ほどとは正反対で、どちらも文章に対して否定的な意味で用いられます。

例文

              I like neither tea nor coffee.

 

              「彼は紅茶とコーヒーのどちらも好きでない。」という意味になります。

 

 

 

 

Either A or B (AかBかどちらかの)

 

 

こちらは、どちらか一方が該当する際に使います。

しかし、注意点としては肯定文の時と、否定文の時で捉え方が異なる点です。

 

例文

              The convention will be held either in Tokyo or in Osaka

             

    肯定文では、「その総会は東京か大阪のどちらかで開催されます。」という意味になり。

 

              The convention won’t be held either in Tokyo or in Osaka

   

    一方で否定文では、「その総会は東京と大阪のどちらでも開催されません。」という意味になります。

 

 


From
A to B
(AからB) 

 

こちらは、時期や距離、範囲などを表す際に用いられます。

 

例文

              I work from Monday to Friday.

 

              「私は月曜日から金曜日まで働きます。」という意味になります。

 

 

 

 

Between A and (AとBの間の)

 

 

例文

              I will finish it between 9pm and 10pm.

 

              「私はそれを21時から22時の間に終わらせます。」という意味です。

 

 

 

Not only A but also B (AだけでなくBも)

 

 

例文

              He played not only soccer but also baseball.

 

              「彼はサッカーだけでなく、野球もやっていた。」という意味になります。

 

 

 

Whether A or B (AかBか)

 

 

         こちらは知らない人も多いのではないでしょう?

 

   なので、少し注意が必要です。

 

例文

              It’s totally up to you whether to go or not.

 

              「完全に行くか行かないかは君次第です。」という意味になります。

              “Whether” の代わりに “If” のパターンもあります!!意味は同じです。

 

 

 

Not A but /or B(AではなくB/ A もBも~ない)

 

 

Not or の用法は少し注意が必要です。

 

例文

              The meeting is not on Monday but on Tuesday.

             

              「会議は月曜日ではなく火曜日です」という意味になります。

 

 

              I cannot come on Wednesday or Tuesday.

 

 「私は水曜日も木曜日も行くことができません。」という意味になります。日本語の感覚だと”and”をいれたくなりますが、英語では “or”を代わりに用います。

 

 

 

 

 

いかかでしたでしょうか?

 

なんとなくは知っているものの、曖昧なものもあったのではないでしょうか?

 

 

上記のテクニックを使って、さらなるスコアアップを狙いましょう。

 

www.samadhi-studio.jp

【 ヘッダ