就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

【TOEIC900点の就活】キャリアセンターを活用して第一志望に内定しよう!

キャリアセンターって?

 「キャリア」の画像検索結果

 

大学のキャリアセンターって、誰もが一度は耳にしたことがありますよね。

 

キャリアセンターとは

 

大学に所属する機関の一つで、就職活動に関する情報を集め、学生のキャリア支援をおこなったり、OB・OGと学生を繋げる手助けや、企業に対する情報の発信などを行ったりしています。


簡単にいうと、就職活動のスペシャリストであり、学生と企業を繋げる役割を持っています。

 

 

また、すでに多くの人が何らかの関わりを持ったことがあると思います。

 

就活においてキャリアセンターは非常に強い味方になってくれます。

 

キャリアセンターをうまく活用することが就活でも大事なポイントになってきます!

 

キャリアセンターの役割にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

 

 

就活ガイダンスの開講

 

既に参加された方もいますが、定期的に就活ガイダンスやESの書き方セミナー、OB訪問会などを実施しています。就活について全く知識のない学生は参加がマストです。就活の進め方や基本的なことなどを教えてもらえます。しかし、得られる情報は浅いので先輩から話を聞くなどして、知識を補完しましょう。

また、就活のいろはのパンフレットを全員に配布していたりと、就活のはじまりは必ずお世話になるところです。

 

 

 

個別相談の実施

 

こちらは私も実際に何度も利用したキャリアセンターの最も良いところです。

キャリアセンターには、キャリア相談のプロがいて、自分の就職先など、就活に関する不安は何でも相談に乗ってくれます。特に、面談は1対1でじっくりと話すことができるので、就活の始まりから終わりまで、常にサポートを受けることが出来ます。

また、履歴書やESの添削などもしてくれるので、就職活動全般における非常に強い味方になってくれます。TOEICについて、どのようにアピールしていけばいいのかなどもアドバイスをもらうことが出来ます。

これを利用しない手はありません。

 

 

 

 就職情報の集積

 

キャリアセンターには、就職情報誌や各企業の採用パンフレットがおいてあります。また、OB・OG訪問の検索機がおいてあるところもあり、就職活動に関する情報が集まっています。身の回りにいるOBやOGには数に限りがありますが、大学のキャリアセンターはそれよりもはるかに多い数の学生の就活データを所有しているので、こちらを利用することで、さらに自分が必要な情報が得やすくなっています。

また、キャリアセンターには毎年、求人票が企業から届きます。大学の大小によって、求人票の数はまちまちですが、小さい大学でも数千、大きい総合大学にいたっては1万を超える求人票が届きます。このような情報も、キャリアセンターに行けば得ることができます。

 ↓↓↓

ビズリーチ・キャンパスは「同じ大学出身の先輩に話を聞けるOB/OG訪問サイト」です。
将来のことを考え始めるタイミングで、母校の気になる先輩に話を聞いてみませんか。

 

キャリアセンターを活用して、よりよい就活にしましょう!

【 ヘッダ