就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

【就活体験記】TOEIC900点所有者の就職活動インタビュー第一弾

就活体験記①

f:id:urufu0611:20171125213222p:plain

 

 

本日から数回にわたりTOEIC高得点ホルダーの就職体験記をシェアしたいと思います。

ここでの体験談は私の周りにいる友人に協力してもらったリアルな体験談ですので、皆さんの参考になると思います!

 

就活は何をするのが正解かというのは、わかりません。だからこそ、沢山の話を聞き、自分自身で道を作り、納得した形で終えることが大切です。

 

そんな皆さんの就職活動の助けになれば幸いです。

 

記念すべき第1回目は、小学生の頃から関わりのあるS君です。

 

簡単な経歴

MARCHレベルの大学文系

大学入学当初のTOEICスコアは400点前半
1年間の休学留学を経てTOEICスコア900点超えを達成

 

志望業界

メーカー・インフラ・商社

世界を相手にした仕事をしたいという希望があり、海外展開の勤務が多いところを重点的に受け、最終的には大手インフラ企業に内定しました。

 

 

就活において力をいれたこと

 

興味のある企業のイベントや説明会には何度も通う

 →企業について深く知ることで、ESの志望動機がより良いものになる。

 とにかく人事の人にインパクトを与えておぼえてもらう!

 

面接の練習として数多くの企業を受ける

 →緊張しやすい性格の為、面接に場慣れすることが必要でした。いくら本命ではないといえ、面接は緊張感があるので、実戦練習として最適!

 

 

就活でのアピールポイント

 

継続できる性格

→これらの裏付けとして、TOEICの計画的・継続的な勉強を実行し、成果に結び付けたことをアピール。この他にもバイトでの成功体験など、いくつかのパターンを持っていることで、話の信ぴょう性を高めた。

 

挨拶をしっかりとする

→当たり前のことであるが、必要であると感じた。就活生の中にはしっかりとあいさつできない人もいる。そのなかで、普段通りのはきはきした挨拶を心掛けた。また、その際には目を見てすることも大事。

 

 

就活において後悔していること

 

OB訪問を一度もしなかったこと

→企業の説明会などでは、得られる情報に偏りがあった。事業内容などの外面的なことについては詳しく紹介されても、働き方などについてはしっくりとこなかった。そう言った面で、OB訪問では一対一でじっくりと話を聞くことができ、自分が必要とする情報にフォーカスすることが出来る。

 

 

 

ここで、挙げられたことは私自身の就活と似ています。私もOB訪問の必要性を、終えてからより身に染みて感じることになりました。時間のあるうちに、OB訪問のアポをとり、情報収集に努めましょう!

 

 

このようなインタビューをこれからも継続して行っていきたいと思いますので、定期的にチェックしてみてください!

【 ヘッダ