就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

必見!!TOEIC900点保有者の12月の就活の進め方 ~成功させる就活~

今後の就活を左右する1ヶ月

f:id:urufu0611:20171122151726p:plain

 

本格的な就活を控えた大学3年生にとって、12月は非常に大切な時です

 

就活に力をいれている学生は当然、既に行動し始めており、ベンチャー企業からの内定をもらっていたり、上場企業からも目を付けられたりしている時期です。

 

何もしていない皆さん!

そろそろ、はじめないとやばいです!


内定をもらうだけなら、正直3月にはじめても遅くありません。

 

ただ、TOEIC900点をとるような志のある皆さんは、入社後にどのようなことをしたいのかのビジョンが描けていると思います。

 

だからこそ、この時期から動いて、後悔のない就職活動をし、自分の希望する企業から内定を得てほしいと思います。

 

12月は、就活生にとって最後の時間がある時期だと思います。

 

1月には試験があり、そのための勉強をしなければいけません。2月は企業主催の冬季インターンに参加したり、ESの仕上げがあります。3月には説明会・ES・選考と大忙しになり、4月以降は選考が本格化してきます。

 

12月は、クリスマスや忘年会など遊びたい時期ではありますが、その一方でできることを進めておく必要があります。

 

企業の情報収集

 

企業の情報を集めることがこの時期に出来ると、今後の就活がスムーズに行きます。

集め方としては、就職情報サイトの利用が最も楽な方法だと思います。

しかし、浅い情報しか得ることができないので、自分の興味がある企業については、個別にホームページに行くなどして、より詳しい情報を収集しましょう。

 

そこで、もっと知りたい。と思ったらOB訪問などをしてみるのも非常に有効です。

働いている人の生の声を聞くことは、どんなウェブ上の情報よりも大切です。そして、説明会がいつ行われるのかなどの情報も集めておきましょう。

 

 

3月の説明会は日程・時間共にきついため、企業の優先順位をつけておかなければ、すべて見ることはできません。この段階から企業絞りを徐々に始めていきましょう

 

 

ES作成

 

こちらも就職活動に欠かせない最重要項目の一つです。

ESが通らなければ、面接に進むことはできません。
そういった意味では就活において最も大事なことといっても過言ではありません。

 

ESは、一度で完璧なものを書くことはまず、できません。

何度も何度も繰り返し書き直し、ベストなものに仕上げていきましょう。

 

このステップは就活が終わるまで続きます。常に、ESの精度を上げていくようにしましょう

 

ESの精度を上げる方法はいくつかありますが、簡単な方法としては、学校のキャリアセンターの人に添削してもらう。友人や先輩にアドバイスをもらう、OB訪問で実際に見てもらう。といったものがあります。

 

ただし、まだESを書いたことがない人は何から始めればよいのかがわからないと思います。そんな就活生の皆さんに、こちらを参考にすることをおススメします。

 

 

ESの例が豊富で非常に参考になります!

ただし、丸パクリはやめましょう。アイデアを膨らませるための一つの方法として利用するようにしましょう!

【 ヘッダ