就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

[就活]TOEIC900を取るための勉強法〜リーディングの点数が上がらない人へ〜

速読でリーディングのスコアアップを

f:id:urufu0611:20171114110209p:plain

 

TOEICの試験を何度か受けている人や、700~800点代の得点を持っているほとんどの人に共通するのが、リーディングの点数に伸び悩んでる。という事です。

 

私もその一人でした。

 

700点代を獲得できるようになってきた頃から、リーディングとリスニングの差が顕著になってきました。リスニングでは、400点代を超えているにも関わらず、リーディングが300点代の前半から伸びないという現象です。

 

そこで、私が実践したのがリーディングパートでの読むスピードをアップし、考える時間に回すという事です。

 

 

一般的に、TOEICの試験はWPMが150以上であれば、すべての問題が解き終わると言われています。

 

※WPM (Words Per Minute) とは : 1分間に読む事ができる単語量

 

つまり、WPM150以上とは、1分間に150以上の単語を読むことができるという事です。

 

参考までに、日本人の大学生の平均WPMは100前後と言われています。

 

それでは、どのようにして、速読力を鍛えていけばよいのでしょうか。

 

 

 

速読力の鍛え方

 

 

1.自分の現状を知る

 

まず、どんなことをするのにも、共通ですが、まずは自分の現状の力を客観的に把握するようにしましょう。そうでなければ、自分がすべきことが分かりませんし、闇雲に動いても無駄が多いです。

 

そこで、まずは自分のWPMを知ることから始めてみましょう。

 

こちらのWebsiteでは、自分のWPMが計測できます。

Houghton Mifflin Textbook - - Timed Reading

 

ちなみ、私がTOEICを受けたての頃はWPMが110程でしたが、現在は230位になっています。

 

なので、トレーニングをすることで、どなたもこの力は伸ばすことができます!!

 

2.長文をとにかく早く読む

 

ここからは、具体的なトレーニング方法です。速読用の本を一冊用意するのも良いと思いますが、今現在手元にあるTOEICの参考書を活用するのでも構いません。

 

ここの段階では、文章の内容の理解に重きは置かないでください。とにかく、早く読むことを意識してみてください。分からない単語があっても止まらないようにしましょう。

 

分からない単語で詰まることと、意味を理解しようとして何度も読むことが、速読量を落とす原因です。

 

とにかく早く読むようにしましょう!

 


 

 

3.内容の理解を行う

 

次に文章の理解をじっくりとしていきます。ある程度英語に自信がある人ならば、英文をゆっくりと読めば理解できると思います。また、そうでない人は参考書の解説を読むなどして内容をしっかりと理解しましょう。

 

この内容の理解をしっかりと行うステップが次のステップにおいて不可欠な内容となります。

 

 

 

4.再び文章を速読する

 

この際には、1度、目を通している。内容の把握が済んでいる。ということから、読むスピードが1度目よりも早くなっています。

 

このようなトレーニングを継続して行うことで、初見の問題に対する読むスピードも徐々に上がっていきます。

 

 

 

【 ヘッダ