就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

[就活]TOEIC900を取るための勉強法〜単語を効率的に覚える方法〜

接頭辞を覚えよう!

 

 

f:id:urufu0611:20171112120346p:plain

単語を覚える数を効率的に増やす方法の一つとして、接頭辞の活用があります。

 

まず、接頭辞とはなんのことでしょうか?

 

1つの英単語を分かりやすく、語源ごとに分類した際に

 

接頭辞・語幹・接尾辞

 

という3つの部分に分けることができます。

 

接頭辞は単語の先頭について、意味を加えるもの
語幹は単語のどこにでもつき、意味の中心となるもの

接尾辞は単語の最後について、意味を加えるもの

 

というように考えてもらいたいです。

 

 

分かりやすく、英単語を使って例を挙げてみたいと思います。

 

例えば、

differenciate

 

接頭辞・・・dif

語幹 ・・・fer

接尾辞・・・ate

 

と考えることができます。

 

接頭辞の"dif" は"dis" の異形となっています。

"dis"の意味は、後にくる言葉に対して、反対や否定を表します。

つまり、「逆の」や「不」といった意味になります。

 

語幹の"~fer"は「運ぶこと」や「実行すること」といった意味があります。

そして、接尾辞の"ate"は「~する」という単語を動詞化する意味があります。

 

以前、単語の語尾に注目した、品詞の類推の記事を書いているのでそちらも参考にしてみてください!

↓↓↓

toeic900shukatsu.hatenablog.com

 

 

さて、それぞれの意味がわかったら、それらを組合わせると

 

"differenciate"=「区別する」という意味になります。

 

このように、接頭辞・接尾辞の活用によって、意味の分からない単語の類推がしやすくなります

 

 

 

代表的な接頭辞の紹介

 

1. dis

 

先ほども述べたように、後に続く言葉に対して、反対や否定の意味を加えます。

日本語でも「disる」といった、言葉が使われているようにネガティブなイメージです。

 

dislike : dis + like (好き) → 嫌う

disrespect : dis + respect (尊敬する) → 軽視する

disagree : dis + agree (同意する) → 反対する

 

 

2. pre

 

こちらもよく目にする接頭辞です。"pre”は「事前に」といった意味合いがあります。

 

 prepaid : pre + paid (支払い済みの) → 前払いの 

 precook : pre + cook (料理する) → 下準備

 preview : pre + view (見る) → 下見

 

 


 

 

3. co / com / con

 

こちらは、「共に」という意味があり、TOEICで頻出です。

 

cooperation : co + operation (操作) → 協力
compress : com + press (押す) → 圧縮する

concentrate : con + centrate (中心) → 集中する

 

このように接頭辞に注目するだけで、意味がつかめるものがたくさんあります。

 

未知の単語に出会ったら、接頭辞を注意してみてください!

【 ヘッダ