就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

[就活]TOEIC900を取るための勉強法〜使える単語力を身に付ける(続編)〜

高得点を取る単語の勉強方法

 

f:id:urufu0611:20171105132531p:plain

 

前々回の記事では、TOEICにおいてどれほど単語が大切であるのか、また単語学習で陥ってしまいがちな学習法の失敗について書きました。

↓↓

 

toeic900shukatsu.hatenablog.com

 

 

今回はそれらを踏まえたうえで、効果的な学習方法について書いていきます。

 

まず、「単語を暗記する」という考え方は捨てるようにしましょう!


暗記するという考えだと、その単語を繰り返し繰り返しみて覚えるというようなイメージがあり、それだとTOEICの試験で効果的に点数を取るための学習にはなりません。

 

「単語を使えるように学習する。」という考えで取り組むようにしましょう。

 

 

 

効果的な学習方法

 

・単語帳は1冊に絞る!

 

沢山の語彙数を獲得するためには、複数の単語帳を持つべきだと焦ってしまう方もいると思いますが、複数持っていようが、1度に学習できる数には限りがあります。1冊に集中して学習したほうがはるかに効果的な学習ができます。

 

私がおススメする単語帳はこれです。

 


 

 

多くの人が書店やネットなどで目にしたことがあると思います。こちらをおススメする理由は、著者の方が実際にTOEICを受けて、よく出る単語を中心に作成されているため、TOEIC対策に抜群の効果があるという点です。

改訂版が随時出版されるため、単語の傾向もしっかりと把握されている一冊です。

 

 

 

 

 

・単語は文で覚える

 

こちらが、私の単語学習を劇的に変えてくれた方法です。

これまでに、私が取り組んでいた学習法は、英単語を見て日本語の意味を暗記する。というものでした。

例えば
「neglect   無視する neglect 無視する neglect 無視する...」といった感じでおぼえようとしていました。

 

これだと、覚えていても非常に短期的な効果しかなく、またTOEICのテストや模擬試験で単語が出てきても「見たことがあるけど、思い出せない。。。。」という状態でした。

 

さらに、単語帳の並び順から次の単語の意味を覚えてしまっていたり、、

 

あまり意味を感じませんでした。

 

そこで、私が取り組んだのが、単語を文の中で使えるように学習するという方法でした。

 

ほとんどの単語帳には単語の意味の後に例文が示されています。私は、その例文を徹底的に学習し、文章の全体の意味を捉えられるようにしました。

 

すると、TOEICでその単語が出てきたときに、文章の意味がつかめるようになり、より理解力が高まりました。

 

単語を学習するときには、文でおぼえるようにする!

 

 

おぼえる際に時間はかかりますが、その分効果も大きいです。

 

 

最初は大変ですが、地道に取り組んで、TOEIC高得点を達成しましょう。

【 ヘッダ