就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

[就活]TOEIC900を取るための勉強法〜使える単語力を身に付ける〜

単語力でゴリ押せ

 

f:id:urufu0611:20171103114950p:plain

 

単語力はTOEIC900点獲得においての最重要ポイントといってもよいでしょう。

 

 

なぜならば、いくら文法を分かっていようが、いくら音を聞き取れようが、単語の意味が分からなければ、理解できないからです。

 

 

極論を言ってしまえば、文法などの知識がなくてもすべての単語の意味が分かれば、全体の言いたいことなどはほとんどわかります。

 

それほどまでに単語というものは重要です。

 

 

実際にTOEIC900点獲得においてどれほど単語が必要なのでしょうか。

 

 

一般的には、TOEIC850点以上の獲得に必要な単語数が10000語以上と言われています。

 

10000語以上といわれて、数が多いのはわかるけれども、どの位なのかというのは、イマイチわかりませんよね。

 

まず、日本人が中学校で学習する単語数がおよそ900、高校ではおよそ2000。という事で、高校卒業までにはおよそ3000語を学習していることになります。

これは、目安として英検準2級・TOEIC400点台である。と言われています。

 

私も、中学・高校は特に英語に力をいれるわけでもなく、ふつーに勉強して、大学入学直後のTOEICテストで400点代だったので、おそらく、この数字というものは信用度が高いと思われます。

 

ちなみに、就活で英語がビジネスで使える最低限とされるTOEIC730点では、およそ8000~9000の語彙数が必要であると言われています。

 

どうでしょうか?もちろん、単語が全てではありませんが、単語の必要性が分かって頂けたでしょうか?

 

 

では、どのようにして覚えるのが良いのでしょうか?

 

 

単語の覚え方

 

私も、単語には非常に苦労しました。私が失敗していた単語の覚え方がこれです。

 

単語帳を買う。赤シートを使って英語の意味を日本語で言えるようにする。それを繰り返す。飽きる。新しい単語帳を買う。また、同じように覚え始める。飽きる。

 

その結果、、

 

テストでは一切覚えてない。

 

高校のまでの単語テストならば、これで乗り切れたかもしれませんが、TOEICはそうは行きません。なぜならば、TOEICは単語テストではなく単語を知っているのが前提になっていて、その上で内容把握について問われるものが多いからです。

 

しかし、ある時にTOEIC900点を取った友人と話をして、私自身の単語の学習への取り組みが変わりました。その結果として、単語の学習がはかどり、高得点に結びつきました。

 

その方法については、次回の記事でアップしたいと思います。

 


 

 

 

まずは、多くの単語帳に手を出すのではなく、1冊にフォーカスして取り組みましょう!

【 ヘッダ