就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

【就活】TOEIC900不要論はウソ?実はTOEICは実用的なテストだった!

 

【TOEIC不要論とは】

f:id:ys272829:20171024232651j:plain

 

TOEICとはその名の通り、「TOEICなんて勉強するのもスコアを取るのも無駄である」という考え方。

この考え方の本質は「TOIECは実用的ではない」というところです。

ですがTOEICは本当に不要なのでしょうか?

また、就活対策において排除しても良い要素なのでしょうか?

 

【TOEICはある意味実用的である】

TOEICのスコアは、その人がどれくらい英語が話せるかを示すものではありません。なので満点の990点持っていても全く話せない人はいますし、逆に600点程度でもそれなりに話せる人もかなりいます。

これは、いかに英語を話す練習をしたかに関係するので、スピーキングの無いTOEICの勉強をいくらしても話せるようにはなりません。

その点ではTOEICは実用的でなく、不要と思う方もいるかもしれませんが、大事な点はビジネス英語力です。

 

TOEICはビジネス英語力を測るテスト

英語の資格やテストは英検やGTEC,TOEFLなど数多くありますが、中でもTOEICはビジネス英語力を測る試験になっています。

この時点で、TOEICと英会話力を結びつけるのはナンセンスです。

もちろんビジネス英語においてスピーキング力は重要ですが、日本において英語で業務を行う際にまず必要になってくるのは、ビジネス文書やメールを理解して適切な返答をすることです。

英語学習において英会話が優先されるべきであるのは当然ですが、その前に会社が求めるのは英会話力ではなく、そういった能力なのです。

その点ではTOEICは実用的な試験というワケです。

 

 

英会話力は後から付いてくる 

就活でTOEICの勉強だけをして900点もしくは高得点と言われる700点、800点を持っているけれど、英語は全く話せない…

という方は多いと思います。

そういう方はしっかりと話す練習をすれば、一気に英会話力がアップします。

TOEICで高得点を取れる人はかなりの英語をすでに持っているので、あとはアウトプットの練習をするのみです。

いくら文法を完璧に理解していても、話すと文法がメチャクチャになってしまったりするので最初は苦戦するかもしれませんが、根気よく続ければ英会話力はどんどん上がっていきます。 

周りに英語を話せる人がいない…という方にはオンライン英会話がオススメ。

初回は無料レッスンを受けることができるので、入社までに英会話力を上げたいという方は利用してみましょう。

 

 ↑クリックして無料体験レッスンを受ける

 

就活のため、とはいえTOEICで高得点を取るために英語の勉強をしたのですから、その英語力を生かして英語が話せるようになりませんか?

 

英語力の高いTOEIC高得点保持者ならきっと英会話力も高くなるはずです。

【 ヘッダ