就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

TOEIC940点取得後の就活の進め方② ~TOEIC高得点を持つ就活生へ~ 

ESの基本

 

 

f:id:urufu0611:20171021063026p:plain

 

 

ESは企業によって設問が異なりますが、ベースとなるものは似たものが多いです。

 

 

ESで最低限抑えておきたいことが

 

 

・自己PR

・志望動機

 

 

の二つです。

 

 

その中でも自己PRは今の時期から書き始め、添削を繰り返してより良いものにしていくべきだと思います。

 

 


また、自己PRがしっかりできると、ESで他の設問があるときにも、うまく絡めながら書くことができ、ES全体の説得力が上がります

 

 

 

どのように書けばいいの?

 

 

しかし、いきなり自己PRといってもどのように書けばいいのかわからない人が大半ですよね?

 

 

そこで私が実践したのが

 

 

先輩からESをもらう

 

ESがたくさん掲載されているサイトを見る

 

 

という事です。

 

 

 

先輩からESを貰う方はたくさんいると思いますが、一人だけではあまり参考になりません。なので、そういった方々にもサイトに登録して多くのESに目を通して自分のESに活かしていくという事をお勧めします。

 

 

 

 

 

こちらのサイトはESが数多く掲載されており、質も高いため、ES作成の初期段階から最終段階まで参考になります。

 

 

 

ただし、丸パクリはやめましょう!自分の言葉を選んで入れることで、面接でもES通りのナチュラルな受け答えができます!!

 

 

 

 

TOEIC高得点者におすすめする自己PRの書き方

 


目標達成に向けて試行錯誤を繰り返しながら取り組み、最後は目標を達成した。

 

 

という流れです。



この中には

 

 

PDCAをうまく回す

諦めることなく取り組む

目標達成という実績

 

 

 

という複数の将来社会で必要とされるポイントを含んでいます。

 

 

これのポイントをうまく取り入れることで、ESを読んでくれたひとに好印象を与えることができます。

 

 

 

志望動機の書き方

 



一方、志望動機は各社ごとに違うものであり、非常に時間を要します。

 

 

志望動機を書くポイントとしては、

 

 

その会社だからこそ、実現したいこと

自分がそのために貢献できること

 

 

 

簡単に言うと、この2点が非常に大切です。

 

 

しかし、この2点を書くのは非常に難しくもあります。

 

 

特に1点目については、どこの会社も似たようなことをしており、その会社ならではというのを述べることが非常に難しいです。

 

 

そこで、私が実践していたのが、企業の方に直接お会いして話を聞くことです。

 

 

Webや説明会などではみんなが知りえる情報しか与えられません。しかし、個々に話を聞くことで、外部の人が知らないような情報を得ることができます。


OBやOGに知り合いがいなくても今は大丈夫です。

 

 

 

このようなサイトがあり、フランクにかつ濃い内容を聞くことができます

 

 

社員の方と会う緊張もご飯と一緒ならほぐれます!

 

 

わたしも何度か食事をしながらのお話をさせていただきましたが、カフェで話すよりも格段に話がはずみ、多くのことを聞くことができました。

 

 

なので、こちらは非常におススメできるサイトです!

 

 

 

 

早めの準備があなたの就活の成功の鍵です!

 

 

さっそく、ESづくりを始めてみましょう!!

【 ヘッダ