就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

【就活】TOEICの点数ってES・面接でどうやってアピールすればいい?

 

目次

 

【TOEICを就活に生かす方法】

f:id:ys272829:20171019153403j:plain

 

TOEICが就活に役立つことは、以下の記事でも紹介しましたが、実際に高得点を取った後はそれをES(エントリーシート)や面接でアピールしなければいけません。

 

おそらく部活などの活動で優秀な成績修めたなどの経験がない、一般的な大学生の中には「ESで何をアピールすればいいのかわからない」という方も多いでしょう。

そういった場合、できればTOEIC高得点を持っていることを履歴書やESの資格欄にしれ〜っと書くだけではなく、自己PRなどにも生かしていきたいですよね?

 

ですが、ただ単純にたくさん勉強してTOEICで900点取りましたとアピールしても、それは自己PRにはなりません。

ではESや面接ではどのようにしてTOEICの点数をアピールすればいいのでしょうか?

 

 

【TOEICと自己PR】

 

よく部活は就活で有利と言いますが、そもそも部活動などが就活において評価される理由はなんでしょうか?

それは高い目標に対して努力している、もしくはその目標を達成したということに対しての評価です。

 

ということは「TOEICで点数目標を立てて達成する」ことも評価対象になりますよね?

そこで大事になってくるのが、①TOEICの勉強を始めた理由、②目標設定した点数、③成果の3点です.

 

①TOEICの勉強を始めた理由

この「なぜTOEICを勉強始めたのか」は自己PRでTOEICの点数をアピールする点で、とても重要です。たとえ本当であっても「就活で有利になると聞いたから」なんて回答するのはタブーです。

資格という括りの中で他にも就活で有利になると言われている宅建や簿記では無く、なぜTOEICだったのかをアピールできなければいけません。

 

あくまで例ですが「アルバイト先で外国人への接客対応がうまくできない現状を変えるために、英語力を伸ばそうと感じたことからTOEICの勉強を始めた。」なんかは良い動機になるかもしれません。

 

②目標設定した点数

TOEICを勉強すると決めたら一定の点数目標が必要です。履歴書の資格欄以外の自己PRでアピールするのであれば最低でも850点は欲しいところです。もちろん900点以上が理想です。

 

自己PRは「TOEICの勉強をしたことで外国人への接客対応ができるようになった」のような抽象的なものよりも、「ネイティブスピーカーと問題なく会話できるレベルとされるTOEIC900点を目標に勉強し、TOEICの点数が500点から900点になりました。結果、外国人の接客対応がスムーズにできるようになりました。」といったように点数で示した方が、あなたの努力や目標達成力が伝わりやすいです。

 

③成果

もちろん例で言えば「目標にしていた点数を取って、外国人の接客対応もスムーズにできるようになりました。」でも目標達成力はアピールできるのですが、さらに向上心の高さをアピールするのであれば「TOEIC900点取得によって、留学生向けの英語で実施されている授業を履修している」「スピーキング力が求められるTOEIC S&Wの勉強も始めた」なども評価されるのではないかと思います。

 

 

大手企業内定者のESを見る方法

良いESを書くためには実際に大手企業に内定した人のESを参考にするのが一番です。

この【就活ノート】 では大手企業内定者のESが無料で見ることができますので、ぜひ参考にしてみてください!

 

  ↑クリックして詳細を見る

 

 

【 ヘッダ