就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

メーカーへの内定にはTOEIC900点が必要?~実際の就活体験からみたメーカーという業界~

メーカーへの就職を目指す大学生へ

  

 

f:id:urufu0611:20171015104451p:plain

TOEICは就活において、MUSTではないがあると良いものとされています。

 

これは、一般的には正解ですが、一部の企業ではそうは行きません。

 

 

 

外資を目指す人は、TOEIC900点超えが当たり前だと思いますが、

 

内資(日本の会社)でも、明確にTOEICの点数が示されており、その点数を下回るとトライする機会すら得られないことがあります

 

 

しかもインターンの段階からです。

 

 

 

特にそれが多くみられるのが、メーカーです。

 

 

だからこそ、それらの足切りに合わないために、取っておくべき点数が900点なのです。

 

 

 

 

日系の企業を受ける際に、900点を超えていれば、TOEICの点数で足切りにあうことは、まずありません。

 

 

 

 

なぜメーカーはそこまで英語力を重視する傾向があるのか?

 

 

 

皆さんも、お分かりの通り、メーカーは海外での生産や取引が多くを占め、英語力が不可欠になる。

 

 

 

若いうちはトレーニーとして海外の拠点に出向き、実務を経験する。そして、中堅になってから、マネジャーとして海外の拠点を管理する。

 

 

 

といったパターンが多く見られ、英語力があることは非常に有利です。

 

 

 

というよりも、英語ができなければ仕事が成り立たなくなってきているからです。

 

 

 

昔は海外の担当者が英語を出来れば、事は済んだかもしれませんが、現在はどの部署でも海外とのやり取りを欠かすことができなくなっています。

 

 

 

しかし、メーカーの中にも多くの種類があり、海外展開が盛んなものからそうでないものまでありますので、事前の企業分析はお忘れなく!

 

 

 

メーカーへの就活を通して感じた印象

 

 

 

 

 

どこも英語を使う機会がありますというのをアピールしている点です。企業側もそれだけ英語を使える人材を求めています。

 

 

 

わたしは、海外の自動車メーカーを傘下に抱えている某自動車メーカーのインターンに参加しましたが、参加者の留学生の割合が高く非常に驚きました。

 

 

 

そこは志望者の必要資格として、TOEICの点数が730点以上の人に限定されていましたが、730点ではとてもついていけないようなレベルの英語力が必要とされているなと、実感しました。

 

 

自動車メーカーなどの世界でもTOPを走る業界では、就活生のライバルが日本人ではなく、留学生になることが多々あります。

そのために、まずは彼らと対等に戦う土俵に立つために、英語力が必要であると痛感させられた体験でした。

 

 

 

自動車メーカーに限らず、海外での仕事を望む人は、求められているか否かに関わらず、英語を使える人材であることが内定に近づく確実な道であると思います。

 

 

 

それを企業に証明するためにも、まずはTOEICの高得点獲得をめざしましょう!

【 ヘッダ