就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

TOEIC900点を取得すれば就活で留学経験者よりも高い評価が得られる

 

【留学経験なしのTOEIC900点は高評価】

f:id:ys272829:20171012011935j:plain

 

TOEIC900点というと、帰国子女や留学経験者を思い浮かべるかと思いますが、そんなことはありません。

 

↓詳細はこちら

toeic900shukatsu.hatenablog.com

 

TOEICはスピーキングがありませんから、英語が話せなくてもコツコツ勉強すれば十分に900点を取れる可能性はあります。

900点を取ってしまえば、企業があなたを英語力不足で落とすことはまずありえません。TOEICが、企業が学生の語学力を確かめる唯一の方法ですから、英語が話せなかったとしても、留学生向けのキャリアフォーラムでもない限り英語で面接をされることはないです。

そもそも日本企業で人事に英語で面接をできる人がいる会社がいくつあるのか…

また、留学経験の無い人がTOEIC900点を持っていると語学力だけではなく、その努力や目標達成力も評価してもらえる可能性があります。

 

ですがスピーキング等も含めた実際の語学力は留学経験者の方がというのがほとんどだと思います。しかし、実際に企業の人事が留学経験者に対して一番求めているのは語学力では無いのです。

 

↓企業の人事と焼肉が食べれる就活サイト

 

【大事なのは語学だけでは無い】

もちろん、留学経験者を求めている企業は語学力のある学生が欲しいと考えていますが、最も大事なのはその他の部分です。

中でも企業の人事が見ているのは以下の2点です。

 

①バイタリティ

バイタリティとは、気力・活気といった意味で、就活においては「どんな状況においても臆することなく行動ができる度胸」などを指します。留学経験者と言っても十人十色。留学経験者はバイタリティに溢れていると思われがちですが、全員がそうではありませんし、バイタリティに関しては就活のESや面接の鉄板である「あなたが学生時代に力を入れたこと」通称:ガクチカでアピールすることができますので、部活動やサークル、個人的に力を入れて目標を達成したという経験があれば、語学力の高い留学生にも見劣りしません。

 

②ダイバーシティ

昨今ではよく耳にする機会が多くなったこの「ダイバーシティ」は、異なる習慣や文化を尊重して受け入れられるということです。いわゆる協調性みたいなものと似ているかもしれません。ゼミなどで国際交流の経験があったりするとアピールできるところだと思います。

 

以上の2点は決して留学経験者の方が長けているという能力ではありません。留学経験なしのTOEIC900点を取ったら、就活の時に以上の2点を気にして見るといいかもしれません。

 

↓クリックして詳細をチェック

 

【相性も関係ある】

いくら語学が堪能でバイタリティに溢れていても、企業によって合う人材と合わない人材がいることは事実です。同じ英語が話せる芸人にしても、ローラのような性格の人から滝川クリステルのような人まで様々です。とにかく説明や面接に多く足を運んで、自分に合う企業を見つけましょう。

【 ヘッダ