就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

TOEICは就活が終わって社会人になってからも役に立つ【昇給】  

 

【多くの社会人が後悔】

f:id:ys272829:20171009233805j:plain

 

就職活動を有利に進めるためにTOEICを勉強しよう!という方がいる一方で、「TOEICなんて取っても意味ないし、そもそも英語が苦手」という方も多いのではないでしょうか?

確かに就職活動において自分をアピールする方法は人それぞれなので、TOEICの点数は必要ないと考える人も多いと思います。

ですが、社会人になった多くの人生の先輩方が「学生時代にやっておけばよかった!」と思っていることがあります。

 

それは英語の勉強・留学・資格の取得の3つです。

 

英会話やTOEICなどの資格勉強は学生時代の方が、勉強時間を確保できますし、留学に関しては社会人になってからはほぼ不可能と言っても過言ではないでしょう。

 

ではなぜ社会人になってから後悔する人が多いのでしょうか?

 

 

【TOEICが人事評価に影響する】

  

「TOEICなんて就活が用無し!」ではありません。

 

むしろ社会人になってから英語が必要になるからこそ、TOEICの点数が就活で評価されるわけです。

 

・内定者にTOEICの取得を求めるケース

企業によっては内定式や入社式の日にTOEICを団体受験、また入社までに730点以上、800点以上など一定点数を取らなければいけないと言った企業もあります(中には900点が求められる場合も)。特にコンサル・商社など実務で英語を使う部署が多い企業の場合は、入社までに一定のスコアを取らなければ先輩社員から鬼のようなメールが届くこともあるようです…

このように内定を出した学生に対してTOEICの点数取得を求めることが多くなってきています。

 

 

・入社後にTOEICが必要な理由

TOEICは入社後の仕事やお給料にまで影響します。

英語力がある人は、できる仕事の幅が広くなりますから昇進の可能性は高まりますし、会社によってはTOEICで高得点を取るとボーナスがでるケースがあります。会社によっては英語ができなくても英語で仕事をすることが求められることもあることから、学生時代にTOEICなどの勉強をしなかった人が多いのです。

 

【就活を機にTOEICを勉強しよう】

このように社会人になればTOEICの点数や英語力が求められます。それなら就活をきっかけにTOEICの勉強をして、あらかじめ高得点を取っておけば就活を有利に進めることができます。

 

 

こちらの記事でも紹介した通り、TOEICはコツコツ地道に勉強すれば高得点が取れます。英語が話せなくても900点が取れる試験です。アプリで簡単にTOEIC対策ができるスタディサプリENGLISHなどTOEIC対策はいつでもどこでもできる時代になっています。

toeic900shukatsu.hatenablog.com

机に向かって勉強する時間が無いという方や、スキマ時間に勉強したいという方はぜひチェックしてみてください!

【 ヘッダ