就活生のためのTOEIC900徹底対策サイト

TOEICで高得点(900点)をとって有利に就職活動を進めたいと考えている就活生向けのサイトです。そもそもTOEICが選考にどれくらい影響するのかやオススメのTOEIC教材、高得点保持者の就活体験談などを紹介しています。

就職活動にTOEICの点数は必要?本当に就活が有利になるの?900

目次

【TOEICとは】

f:id:ys272829:20171004031209j:plain

 

TOEICとは、国際ビジネスコミュニケーション協会が実施・運営をする英語のテストです。一言にTOEICといっても色々なTOEICの試験があるのですが、中でもTOEIC L&Rというリスニング力とリーディング力を測るものが一般的に言われるTOEICのテストになります。

TOEIC L&Rはリスニング100問、リーディング100問の計200問

点数は10〜990点になります。

日本では、大学の入試や就職・転職活動などの際に英語力を示す指標としてTOEIC L&Rが用いられることが非常に多いです。

国際ビジネスコミュニケーション協会が公表している2014年度のデータでは、約3400者日本企業・官公庁・学校等でTOEIC L&Rが導入されています。

  

【どれだけの企業がTOEICを重視しているの?】

国際ビジネスコミュニケーション学会が2014-2015年に行った調査によると、58%もの上場企業が採用時にTOEICのテストスコアを参考にしていると回答しています。また今後参考にする可能性があると回答した企業が15%あることから、企業の関心度の高さが伺えます。

 

↑まずはTOEIC模試を受けてみよう  

【TOEICの点数】

f:id:ys272829:20171004031340j:plain

 

・日本人の平均点

 

日本人のTOEIC L&R平均点は2017年の1〜7月のデータを見たところ以下のようになっていました。

 

リスニング平均点:310〜320点

リーディング平均点:260〜270点

トータル平均点:580点前後

 

・大学生の平均点

 

大学生の平均点は560点前後です。

日本人全体の平均点よりも若干低いのは驚きです。

 

・点数の評価基準

 

一般的にTOEICの点数ごとの評価は以下のようになっています。

 

500点〜:企業が新卒社員に期待する点数

600点〜:企業が中途採用の基準にする点数

700点〜:海外赴任者に求める点数

800点〜:企業の国際部門に求める点数

900点〜:大手外資系企業が求める点数

 

一般的には、このように言われていますが実際には会社によって異なるのが現状です。では一体何点以上であれば就職活動の際に履歴書に書けるのでしょうか?

 

・履歴書に書けるのは何点から?

 

企業の新卒社員に期待する点数、日本人の平均点数から履歴書に書ける点数は600点以上でしょう。

もちろん海外志向の強い企業ではこの限りではありませんし、英語力をアピールするのであれば最低でも700点は欲しいところです。

 

 

【取得時期について】

f:id:ys272829:20171004031506j:plain

 

・試験の開催頻度と結果発表まで

TOEIC L&Rは毎年10回行われており、TOEICの公式サイトから申し込むことができます。受験料は5725円(税込)で、受験申し込み締め切りは試験日の40日前の15時までとなっています。

事前に会員登録を済ませている方は、結果は試験日から22日後の月曜正午あたりに点数をネット上で確認できるようになります。

公式認定書はその約1週間後に発送されます。

結果は試験日から2年間有効です。

 

・いつまでに受ければいい?

現行の就職活動時期の場合ですと情報解禁が3月ですから、遅くとも1月には受験して、2月には公式認定書が手元にある状態が良いです。

情報解禁前のインターン選考等も頭に入れている場合は年明け前(3年生の11月)には受験しておくのもオススメです

ですが個人的には、2年生の8月あたりからTOEIC L&Rの試験を受け始めることをおすすめします。

2年生の夏に良い点数を取ってしまえば、就職活動前に焦らなくて済みます。

また近年ではユニクロ・GUを展開するファーストリテイリングやリクルートなどの大手企業が内定を2年間保留できるという就活システムを採用していることから、大学3年生のうちに就職活動を終わらせることが可能となっています。

早めにTOEICで高得点を取れば就活も早く終わらせることができるかもしれませんね。

  

★学校で団体受験した結果は就活で使える?

学校などで受験するTOEICテストはIPテストというもので、公式認定書が発行されません。履歴書に書けるか書けないかで言えば書けますが、稀に公式認定証のコピーの提出を求める企業もあるので、団体のIPテストではなく一般受験をしておくことをオススメします。

 

 ↑空き時間にTOEICの勉強ができるアプリをチェック

 

【このサイトの構成について】

 

このサイトは大きく分けて以下の5つのカテゴリーに分類されています。

 是非、就職活動やTOEIC勉強に役立ててみてください。

 

①TOEICと就活

toeic900shukatsu.hatenablog.com

 

②就活生にオススメのTOEIC教材

toeic900shukatsu.hatenablog.com

 

③TOEIC900点勉強法

toeic900shukatsu.hatenablog.com

 

④TOEIC×就活体験談

toeic900shukatsu.hatenablog.com

 

⑤TOEIC×留学

 

全てがTOEICで高得点を取得して就活を成功させるために必要な要素になっています。

是非読んでみて就職活動をする上で参考にしていただければ幸いです。

必見!!TOEIC900点保有者の12月の就活の進め方 ~成功させる就活~

今後の就活を左右する1ヶ月

f:id:urufu0611:20171122151726p:plain

 

本格的な就活を控えた大学3年生にとって、12月は非常に大切な時です

 

就活に力をいれている学生は当然、既に行動し始めており、ベンチャー企業からの内定をもらっていたり、上場企業からも目を付けられたりしている時期です。

 

何もしていない皆さん!

そろそろ、はじめないとやばいです!


内定をもらうだけなら、正直3月にはじめても遅くありません。

 

ただ、TOEIC900点をとるような志のある皆さんは、入社後にどのようなことをしたいのかのビジョンが描けていると思います。

 

だからこそ、この時期から動いて、後悔のない就職活動をし、自分の希望する企業から内定を得てほしいと思います。

 

12月は、就活生にとって最後の時間がある時期だと思います。

 

1月には試験があり、そのための勉強をしなければいけません。2月は企業主催の冬季インターンに参加したり、ESの仕上げがあります。3月には説明会・ES・選考と大忙しになり、4月以降は選考が本格化してきます。

 

12月は、クリスマスや忘年会など遊びたい時期ではありますが、その一方でできることを進めておく必要があります。

 

企業の情報収集

 

企業の情報を集めることがこの時期に出来ると、今後の就活がスムーズに行きます。

集め方としては、就職情報サイトの利用が最も楽な方法だと思います。

しかし、浅い情報しか得ることができないので、自分の興味がある企業については、個別にホームページに行くなどして、より詳しい情報を収集しましょう。

 

そこで、もっと知りたい。と思ったらOB訪問などをしてみるのも非常に有効です。

働いている人の生の声を聞くことは、どんなウェブ上の情報よりも大切です。そして、説明会がいつ行われるのかなどの情報も集めておきましょう。

 

 

3月の説明会は日程・時間共にきついため、企業の優先順位をつけておかなければ、すべて見ることはできません。この段階から企業絞りを徐々に始めていきましょう

 

 

ES作成

 

こちらも就職活動に欠かせない最重要項目の一つです。

ESが通らなければ、面接に進むことはできません。
そういった意味では就活において最も大事なことといっても過言ではありません。

 

ESは、一度で完璧なものを書くことはまず、できません。

何度も何度も繰り返し書き直し、ベストなものに仕上げていきましょう。

 

このステップは就活が終わるまで続きます。常に、ESの精度を上げていくようにしましょう

 

ESの精度を上げる方法はいくつかありますが、簡単な方法としては、学校のキャリアセンターの人に添削してもらう。友人や先輩にアドバイスをもらう、OB訪問で実際に見てもらう。といったものがあります。

 

ただし、まだESを書いたことがない人は何から始めればよいのかがわからないと思います。そんな就活生の皆さんに、こちらを参考にすることをおススメします。

 

 

ESの例が豊富で非常に参考になります!

ただし、丸パクリはやめましょう。アイデアを膨らませるための一つの方法として利用するようにしましょう!

【 ヘッダ